ネコ座スケジュール

TOPへ

野良猫問題の解決策として、世界中で取り組まれている「地域猫活動」。日本でも行われるようになって、20年以上になります。

神戸市では、行政が地域猫活動を推進するようになって10年以上が経ちました。そして、ことし年4月に「神戸市人と猫との共生に関する条例」が施行され、条例の趣旨を踏まえて「神戸市人と猫との共生推進協議会」が設立されました。
協議会は、神戸市などと連携して、野良猫の繁殖制限のための手術を公費で行うなどの事業を展開しています。この取り組みは、“全国初”として、大きく報道もされました。
このように、一躍世間の注目を浴び、話題にはなったものの、「地域猫活動」や「TNR=野良猫を安全に捕獲し、繁殖制限の手術をして、元いた場所に戻して地域で一生見守ること」について、一般に知られているようで、まだまだ浸透しているとは言えないのが現状です。

そこで、今回の「ネコ座」のイベントでは、NPO法人犬猫みなしご救援隊(本部:広島市)の中谷百里代表をゲストに迎え、神戸市が推進する事業の基本でもある「TNR」について話します。
野良猫が住みやすいまちは、人間にもやさしいまち。
野良猫問題の軽減・解消に向け、猫と人間がともに幸せに暮せる心やさしいまちづくりのために、ともに語り合い、学びませんか?

【TNRってなぁに? ~地域猫活動の基本の〝き〟~】
とき:12月16日(土)13時~14時
ところ:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の2階・ネコ座会場内のステージ
ゲスト:NPO法人犬猫みなしご救援隊 中谷百里代表

 

参加方法:予約不要。直接、会場にお越しください。
料金:無料。ただし、「ネコ市ネコ座」会場への入場料が必要です。当日券1500円。
※前売り券を販売中。1日1000円。「ネコ市ネコ座」の公式サイトから購入できます。こちらをご覧ください。
※未就学児は無料
主催:神戸新聞ミントクラブ

<NPO法人犬猫みなしご救援隊 中谷百里代表の紹介>
「終生飼養」と「譲渡活動」を基盤に動物愛護の啓発活動を行う、NPO法人犬猫みなしご救援隊の代表。

犬猫みなしご救援隊の施設内で、約1300匹の動物たちと寝起きをともにしながら活動するかたわら、動物病院で看護士としても働いています。
2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地・福島の原発事故により、取り残された犬、猫、馬、牛など被災動物の保護活動を遂行するため、栃木県那須塩原市内に東日本での活動拠点を設けました。常時300~500匹の犬・猫の保護育成に取り組んでいます。
東日本大震災の直後から、20km圏内に入って犬猫の救出活動を行っていた犬猫みなしご救援隊に共鳴した「ちばわん」(神奈川県)が、ともに活動するようになり、2014年10月には「一般社団法人 全国野良猫対策連合会(通称・ねこれん)」を発足させました。
猫が好きな人たちと嫌いな人たちが、野良猫をめぐって争い合うのではなく、問題を解決するために歩み寄るお手伝いができたら…と、全国各地で活動する動物愛護の市民ボランティアらと協働。野良猫を地域猫として地域で見守り、一世代限りの命をまっとうさせるためのTNR活動を推進しています。
神戸では、ねこれんと地元ボランティアらが協働し、2015年2月から毎年、春と秋の猫の繁殖シーズン前に、年に2回の一斉TNRを実施しています。

地域猫活動に取り組んでいるボランティアさんはもちろん、「もっと知りたい」と興味をお持ちの方。

野良猫問題に困っている方も、どうぞご参加ください。

12月16日

時間 ステージ内容
13:00 TNRってなあに?~地域猫活動の基本の《き》~
ゲスト:NPO法人犬猫みなしご救援隊 中谷代表
 
14:00
 
16:00 AVET 獣医さんと考える猫を幸せにする方法
ゲスト:一般社団法人エイベット 獣医師 橋本先生
 

 

12月17日

時間 ステージ内容
12:40 防災セミナー『ねこと一緒に』
 
13:20
▲ページトップへ