主催者について

 

TOPへ

ネコリパブリック

2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分ゼロに!

この言葉を目標に、ネコリパブリックは、地域の保護猫団体と協力して、保護された猫の里親探しを行いながら、猫とおしゃれで素敵なライフスタイルを提案し、ビジネスとしても「自走」できることを目指す新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」を運営しています。
現在、岐阜、大阪心斎橋、東京お茶の水の3店舗で保護猫カフェを運営しています。

お客様がカフェを利用したり、雑貨やペット用品をお買い物したりすることによって、お客様とお店が「猫助け」という理念を共有し、カフェの入場料などで、猫の飼育管理費、お店の運営費、スタッフの人件費を稼ぎ、寄付だけに頼らず、自分たちの力でお店を運営する仕組みを作っています。

 

また、楽しみながら猫助け、お買い物で猫助け、猫と遊んで猫助けをキーワードに、かわいい猫と過ごしたり、可愛い雑貨をお買い物したりすることで猫助けにつながり、少しずつ社会を変えていけパワーを共有できることを伝えていきたいと考えています。

ネコリパブリックの熱い想いは≫こちらのページ≪でもご覧いただけます。

ネコリパブリックHP→http://www.neco-republic.jp/

ネコリパブリック楽天市場→http://www.rakuten.ne.jp/gold/necorepublic/

フェリシモ猫部

「フェリシモ猫部」は通販フェリシモで猫好きが集まるコミュニティー。
「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指して活動しています。

「ニャシュマロ」「にゃんそうこう」「猫の肉球の香りのハンドクリーム(人間用)」「猫耳ヘアターバン」「猫足ルームソックス」「猫用和布団」など、猫好きの心をつかむユニークな商品を多数企画販売。商品にはすべて「フェリシモの猫基金」がついていて、集めた基金で全国約50の動物愛護団体を支援しています。さらに、2か月に1回保護猫の譲渡会を主催するなど、通販の枠組みを超えて活動しています。

 

ウェブサイトには猫の投稿ギャラリーや猫のブログ連載など毎日見たくなるコンテンツがいっぱい。要チェックニャ!

http://www.nekobu.com/

KOBEにゃんずフェスタ

「KOBEにゃんずフェスタ」(略称:にゃんずフェス)は、野良猫も飼い猫も、すべての猫(=にゃんず)の幸せを願って開く啓発イベントです。

猫をモチーフにした手作り作品を展示販売するアートバザー「ミントクラブの猫展」を定番に、動物愛護の啓発展示や勉強会などを通して、小さな命を守ることの大切さを伝えていきます。

地域猫活動に携わる市民ボランティア有志の集まり「神戸ノラネコTNR実行委員会」と、株式会社フェリシモ猫部や地元企業、神戸市保健福祉局など行政が協働して取り組む動物愛護の啓発事業「KOBEにゃんずプロジェクト」のプログラムで、神戸市の平成27年度パートナーシップ活動助成事業です。

 

  

こんな想いでやってます

私達は、猫好きな人も、猫に興味がない人も、巻き込んだ楽しいイベントを通して、猫の置かれている現状や、問題を知ってもらうキッカケ作りをしています。

誰もが、暗く、悲しく、厳しい現実を目の当たりにすると目を背けたくなってしまうと思うのです。

でも、現実に起きている問題を、どうしたら、多くの人に知ってもらえるだろうか、、と考え、まずは、入口は、楽しい事から入ってもらうことが大切なのではないかと考えました。

楽しい事から、猫達のことを好きになってもらい、そこから、猫達のおかれている現状や、問題を知ることで、多くの人は自分ごとのようにその問題について考えてくれるようになると思うのです。

ネコ市ネコ座は、その、楽しい入り口。

猫の楽しいイベントで、まだ、猫好きだけど、悲しい問題を知らない人や、解決方法を知らない人達に、知ってもらうキッカケ作りがしたいのです。

そのキッカケが、後々、きっと社会を変えるパワーに変わると信じて、、、、

収益はこんなことに使います

ネコリパブリックは、これからも、多くの保護猫達に運命の家族と出会える場を、どんどん増やしていくために、日本全国に、ネコリパブリックという保護猫カフェを広めたいと思っています。

今回、もしこのイベントで収益がでましたら、保護猫カフェ ネコリパブリック大阪の移転費用にあてさせていただきます。

実は大阪店は、大家様との契約で2年間の契約となっています。そのため、猫達を連れて移転をしなければいけません。
移転には、それはそれはお金がかかります。物件の契約金、改装費、その他もろもろ、、、
その費用の一部として収益を使わせていただきたいと考えています。

ネコリパブリックにいる保護猫達が、安心して移動できるような素敵な場所を現在探しております!

保護猫カフェ運営には、お金がかかります。
家賃、猫達の飼育管理費、光熱費、スタッフの人件費。それを皆様からいただく入場料で賄っています。
なんとか、運営費は稼ぐ事ができますが、なかなか、移転資金や、開店資金までためるのが困難なのが現実です。

猫好きの方々に集まってもらうイベントの収益で、猫を助けるための保護猫カフェがオープンする。

成功するために、ぜひ皆様応援お願い致します!

今までこんなイベントをしてきています!

ネコ市ネコ座 元気ハツラツ市(2014年9月7日)

2014年9月 岐阜県大垣の駅前通りの月イチのお祭り元気ハツラツ市を、ネコ市ネコ座がジャック!
猫雑貨や、猫ボランティアさんが出店するネコ市とネコをテーマにパフォーマンスやライブをしてもらうネコ座。
猫の殺処分ゼロのために何ができるかを、知ってもらうキッカケとして開催されました。

なんと、45,000人もの来場者が、、

動物愛護家の、杉本彩さんと、ネコリパブリック首相あさかのトークショーには大勢の人達が、、

行政によって殺されてしまう儚い命を救うために、皆が何ができるのか?

そんなことを考えてこなかった人にも、考えてもらえるキッカケ作りができたのではないでしょうか?

一人一人が少しだけ変われば、きっと社会は変わっていく。そんなことを実感できたイベントでした。

 

Internet Cat Video Festival(2014年9月20日)

アメリカのミネソタ州ウォルターアートセンターが毎年行っているビッグなイベントのライセンスを、ネコリパブリックがゲットして日本で初めて開催したInternet Cat Video Festival.

クラウドファンディングで、大きなスクリーンを設置する費用を集めました。

岐阜駅前の信長ゆめ広場で、インターネットに投稿されている猫の面白い映像を集めた映画祭。

猫好きな人も、そうじゃない人も、おもわずぷっと笑ってしまう自然に笑顔になっちゃうそんな映画祭です。

もちろん、最後には、猫達の置かれている悲しい現状を知ってもらうためのドキュメンタリーも流しました。

楽しいだけじゃない、悲しい現状を知ってもらう事で何かが変わる。でも其のキッカケは、楽しい事でもいいと思うのです。

 

ネコ市ネコ座さくら祭り(2015年3月29日)

さくら咲く京都で行われた ネコ市ネコ座さくら猫祭り。

さくら猫とは、去勢避妊された猫の証である耳カットをされた猫のこと。カットされた耳がさくらの花びらのようなので「さくら猫」と呼びます。

まだ多くの人が知らないこの「さくら猫」を広めるために、京都の新風館にて、ネコ市ネコ座京都さくら猫祭りを開催しました。

一般社団法人&PETSさんとの共催で、ステージには、豪華アーティストがたくさん出演してくれました。

もちろんネコ市の猫商店街も。出店者の皆様には、必ずひとつは。「さくら猫」の商品を置いてもらうことをお願いしまいた。

さくら猫は、殺処分ゼロを実現するためにとっても大切なキーワードです。
知ってもらう事で社会が変わる。
そんなキッカケ作りをするさくら猫祭り。
当日は雨の仲、6,500人の方々にご来場いただきました。

 

Internet Cat Video Festival Gifu vol2 (2016年1月10日)

岐阜県の事業、ぎふネットショップハイスクールにて、県内の5つの商業高校と、クラウドファンディングで、開催資金を集めました。

2016年1月10日に開催しました!

猫に興味がなかった高校生達が、ネコリパブリックのプロジェクトに関わる事で、本気で猫の殺処分ゼロを願い、このイベントを開催したいと熱い想いを持ってクラウドファンディングに挑んでくれました。

▲ページトップへ